FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

「探していた本」・・・・その後。

先日の記事で「黒い宇宙船」のことを書いた

三十年以上読み返したかった本でもある。

せっかく書籍名まで判明したのに読めないのは悔しい。

よほど、挿絵が僕の求めていたものではないが新刊で購入しようかと思った。

黒い宇宙船 [冒険ファンタジー名作選(第1期)] (冒険ファンタジー名作選)黒い宇宙船 [冒険ファンタジー名作選(第1期)] (冒険ファンタジー名作選)
(2003/10/15)
マレイ ラインスター赤石沢 貴士

商品詳細を見る


でも、子供の頃、放課後にワクワクしながら図書室で読んだ挿絵の「黒い宇宙船」が読みたい。

「黒い宇宙船」だけでなく、この「SF子供図書館」シリーズで「キャプテン・フューチャー」も知った。

中学の頃になると、SFは眉村卓氏などのタイプに熱中するのだが、僕の記憶が確かなら、海外作家で舞台が宇宙というSFに触れるのは、このシリーズが初めてだったと思う。

その中で一番に手にしたのが「黒い宇宙船」。

「アステロイドベルト」という言葉もこの本で初めて知りました。

このシリーズの「深海の宇宙怪物」で「ジョン・ウィンダム」の作品に初めて触れ「トリフィドの日」(『地球滅亡の日 植物人間』青木日出夫訳 SF恐怖シリーズ3 秋田書店 )などに繋がる。

「黒い宇宙船」の挿絵の「柳原良平氏」と同じく、「深海の宇宙怪物」では「長新太氏」の挿絵が味があった。

深海の宇宙生物

もう少し低学年だったころ「いたずらラッコのロッコ 」という本で「長新太氏」の挿絵を見ていたので、そのほのぼのとしたタッチでSFの挿絵のミスマッチの怖さにはまった。

この「深海の宇宙怪物」のことも、僕が読み返したい本が「黒い宇宙船」と判明してから、同シリーズだったので思い出したのですが・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで思いが募るとどうしようもない。

「ひょっとしたら図書館にあるかも・・・」

で、先日プールの帰りに「倉敷市立図書館」行ってきました。


詳しい地図で見る



倉敷市立図書館

児童書のコーナーで、お姉さんに調べてもらう。

すると、児島の図書館にあるとのこと。

予約をして、とりあえず「黒い宇宙船」を取り寄せてもらうことにする。

手続きの間、説明を受けるのだが、児童書のコーナーということもあり、このお姉さんの口調が小さな子供に説明するような口調だったのが少しテレた。

(とても丁寧に親切に対応してくださいました)

その日は他に2冊ほど借りて帰る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三日ぐらいして連絡がきました。

自転車にまたがり図書館へ。

やっと借りました。

1985年2月15日 第9刷発行

読みたかった「黒い宇宙船」です。

挿絵はちゃんと柳原良平氏。

誰かさんのマネをするなら「涙、涙です」。

第9刷で、1985年2月15日発行。

初版は1976年2月20日。

確実に1985年まではこの挿絵で販売されていたということです。

以前の記事に載せた、ネットで拾った表紙と、ややデザインは異なります。

ずっと探していた本ですが、もっと早くタイトルや出版社を思い出せていれば購入出来たのにと悔やまれます。

といっても、覚えていた手がかりは「アンクルトリスのイラストの人の挿絵のSF」ということだけ。

インターネットの時代になったから出来たことではあるのですが。

しばらくは、子供の頃に全部読みきれなかったこのシリーズを読破です。

先の「深海の宇宙怪物」も読み返したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、改めて知った事実として、マレイ・ラインスターの書いたこの本は1949年ということ。

先に言った「アステロイドベルト」もそうですが、「超光速」という言葉も出てきます。

本の中に「山の天辺からとなりの山の天辺まで・・・」というような「超光速」の説明が出てきます。

「宇宙船艦ヤマト」で広く知られることになる「ワープ」のことです。

1949年の作品というのは改めて知りましたが、古さを感じさせないのには驚きました。

もっとつっこみどころがあるかと思ったのですが、読み返して「火星」に月が二つあり「ダイモス」と「フォボス」ということも、この本で初めて知ったことだというのを思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、この記事を書くにあたって「倉敷市立図書館」のホームページを観たら、ネットで「所蔵情報」も検索出来た。

しらべてみたら、今回のシリーズはほとんどありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関係ありませんが、先日U.M.くんと「アクセス解析」のことを話していました。

僕もつけてみたところ、僕のページに来る人の中で数人、グーグル、ヤフーで「黒い宇宙船」を検索してたどりついている人がいました。

思わず「おお、同士よ!」と呟きました。

もし同じようにして、このページに辿り着かれた人、地元の図書館にあたってみられては?





この記事に対するコメント


本見つかってよかったですね。
倉敷図書館さんには子供のころからお世話になりっぱなしです。(ブラックリストに載ってそうだ・・・苦笑)
おいらの枕元は未だにインカ、マヤ、アステカが山積みです・・・
【2008/09/24 00:14】 URL | なお #KxwGyqDc [ 編集 ] top


ホント、長年のモヤモヤがスッキリしました。

しばらく通いそうです。
【2008/09/24 00:36】 URL | マスター #JVj0pP5U [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://cheerdown.blog7.fc2.com/tb.php/542-0c631deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ