FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

DIATONE M-U07 / M-F05D

72784152_3384620624882214_4445481620274675712_n.jpg

73042011_3384620724882204_2162357635142123520_n.jpg

DIATONEのアカプM-U07 とチューナー M-F05D。

ハロゲンの下で写したので赤くなってますが・・・・

行方不明だったチューナーがやっと見つかった。

で、ちゃんとラジオが入るかチェック。

とりあえずYAMAHAのスピーカーで音出し。

ダイヤルのズレもなく、チューニングが合うとダイヤルディスプレイがグリーンになり、各ランプも正常。

しばらくこのシステムで音楽聴いて、当時を思い出してました。

すぐ上位機種をゲットしたから、そこまで思い入れは無いけど。

レコードプレーヤーを繋いでレコード楽しみたい人には小さくて高音質でいいんじゃないかな?

因みに各機種のスペックのリンク。

テクニクスのコンサイスシリーズに始まったコンパクトサイズのコンポ戦争。

このシリーズはμシリーズという、ダイアトーンのジャケットサイズコンポ。

横幅約30センチってこと。

アンプ
https://audio-heritage.jp/DIATONE/amp/m-u07.html

チューナー
https://audio-heritage.jp/DIATONE/tuner/m-f05d.html


当時の貨幣価値からすると、見かけ以上に高価でした。


テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://cheerdown.blog7.fc2.com/tb.php/4840-228a2393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ