FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

DENON DP-50M

DENONのプレーヤーDP-50M。

DENON DP-50M

仕事場で元気に動いている。

1978年製なので、30年前の機種である。

DENONのホームページでは既に「Museum」というコンテンツに掲載の古い名機。

こちら

当時、一つ上の機種で「DP-50L」というのがあった。

機能の差は「オートリフトアップ」という機能。

レコードの再生が終わったら、自動で針が上がってくれるというもの。

ただ、1万ほど高く、音質は変わらないので「DP-50M」を購入。

実は、当時、オーディオマニアだった自分はターンテープル部分(レコードを乗せてクルクル回る所)をもっと精度の高いものに変えようと思っていた。

この「DP-50L」にした場合、キャビネットに「回転数の切り替えスイッチ」が組み込まれているため、取替えが利かなくなる。(ターンテーブル側はリフトアップのオン/オフ切り替え)

プレーヤーは、ターンテーブル部、アーム部、キャビネット部(木の部分)の三つから成り立つ。

僕の「DP-50M」はターンテーブル部に「回転数」の切り替えが付いており、キャビネットはただの木の箱である。


キャビネットも同ランクのものでも、質の悪い木に木目のシールを貼ったものが多い中、これはカリンの木を刳り貫いて、無垢の艶消しのままの美しいキャビネットです。

訂正 : 20mm厚の高密度バーチクルボードを用いたキャビネットです。

DP-50Mのスイッチ


これならターンテーブル部だけを外して、違うターンテーブルを持ってくれば(当然、直径や形状などが一緒でないといけない)簡単にグレードアップ出来る。

私の友人なんか、逆の発想で、囲碁の台に穴を開け、そこに余っているターンテーブルとアームを取り付けている兵などもいた。

この上級機種の「DP-50L」にした場合「キャビネット」に埋め込まれているスイッチが「嫌」だった。

DP-50Lの回転切り替えスイッチ
(↑DP-50Lのキャビネットに埋め込まれたスイッチ)


このスイッチがキャビネットに埋め込まれているため「美しさ」を損なっている気がした。

「じゃあ、そのターンテーブルを変えたのか?」

と、問われたら、これが「否」である。

デザインが調和も取れているし、ターンテーブルの回転精度も充分満足。

結局イジることなく使用している。

カートリッジ(針の部分)は最初から別売なので、使用頻度の高い仕事場ではリーズナブルな「シュアーM44G」を使っている。

が、大好きなレコードをじっくり聴くときはオーディオテクニカの絶版になったカートリッジで聴いている。(針の調達がちょっと大変だけど・・)

(写真はテクニカのカートリッジで回しているところ。右の方に転がっているのは、いつも使っているシュアー、その前にある銀色のモノは水準器で、本体とは無関係)


結局ベーシックな感じのままで使っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこの記事、以前から下書き状態で放置してました。

その後、仕事場で使用していると、手が離せない状態の時に使用していると、レコードが終わり「プツッ、プツッ」と、針を上げるまでエンドレスでレコードの内側で虚しく回り続けてました。

オートマチックのプレーヤーに交換するのですが、そちらのお話は後日。

結局、このDP-50Mは大事に使ってくださる方の所へ嫁いで行きました。

思い出深いプレーヤー(とにかく別嬪さん)だったので、下書きのまま削除というのも嫌だったので、追記してアップしました。




この記事に対するコメント

キャビネット
この年代のデンオン製品で「無垢の木をくり抜いた」などというものは有りません。

このモデルも合板に木目のビニールを
貼り付けたもの。

「質の悪い木に木目のシールを貼ったもの」

です。
【2018/09/19 01:28】 URL | suomi #mQop/nM. [ 編集 ] top


suomiさん、
どうもです。
ですよね。パーチクルのキャビネットです。
読み返して、何と勘違いして書いたのか思い出せませんが、ご指摘ありがとうございます。
【2018/09/19 01:40】 URL | マスター #- [ 編集 ] top


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://cheerdown.blog7.fc2.com/tb.php/474-924473aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ