FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

メイビー・トゥモロー / アイビーズ

僕が愛してやまないバンド、バッドフィンガー。

ビートルズのアップルからデビューしたがために、ビートルズの影に隠れてしまった。

そのうちのメンバー二人は自殺。

悲劇のバンドといえば、アメリカなら「レイナード・スキナード」、イギリスなら「バッドフィンガー」ではないだろうか?

ちゃんと彼らのディスコグラフィーを書いていないのに今更気が付く。

ただ、今更彼らのディスコグラフィーを書いても、彼らのアップルでのオリジナル作品は既に絶版状態。

チープ・トリック、ナック、数々のバンドが「パワー・ポップ」の元祖として、バッドフィンガーをリスペクトし、またカバーています。

ビートルズの華々しい話題を友達と話していて楽しいのですが、唯一悲しくなる話題が彼らのことです。

10月4日、マイク(自殺ではない。2005年10月4日に死去)の命日に、ちゃんと世間に、このすばらしいバンドをと、改めて彼らの傑作を聞きながら書いてます。

再度、彼らの作品が陽の目を見ることが出来るのを願って・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バッドフィンガーの原形であるアイビーズ(The Iveys)は1964年に結成された。

ピート・ハムは当時17歳。

バンド名はホリーズのHolly(ヒイラギ)にならって、Ivy(ツタ)から付けられた。

ギターはデイビッド・ジェンキンズ、ベースにロン・グリフィス、ドラムにマイク・ギボンズ(ギビンズ)。

と、ピート・ハム、ギターである。

彼らに目を付けたのは、キャバーン時代のビートルズと親交もあったビル・コリンズ。

ビルはマネージャーではなく、パートナーを望み、彼らに献身的であった。

ジェンギンズが辞め、オリジナルも書いていたトム・エヴァンスが加わり、67年にデモを作成。

ビルはマル・エヴァンス(ビートルズの元ローディー、アップルの重役)をたより、アップルへデモを持ち込む。

マルはこれを気に入り、トニー・ビスコンティーのプロデュースでシングル「メイビー・トゥモロー」が1968年に発売。

メイビー・トゥモロー シングル

(左からロン・グリフィス、トム・エヴァンス、ピート・ハム、マイク・ギビンズ)



携帯で見る。

このシングルの出来は良く、アップルも大いに期待。

が、アメリカでチャート51位。

イギリスではチャートインせず。

そのため、並行して製作されていたアルバム「メイビー・トゥモロー」は英米ではオクラ入り。

日本、ドイツ、イタリアだけで1969年にリリース。

このおかげで、アップル関連では一番レアなアイテムとなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔、中古レコード店で、帯付きの同レコードを7万円で見かけました。

ビートルズのブッチャーカバー並みのプレミアでした。

下は紙ジャケットCD。

メイビー・トゥモロー 紙ジャケCD

メイビー・トゥモロウ(紙ジャケット仕様)メイビー・トゥモロウ(紙ジャケット仕様)
(2005/02/23)
アイビーズ

商品詳細を見る


1. シー・ソー・グランパ
2. 美しく青く
3. いとしのアンジー
4. シンク・アバウト・ザ・グット・タイムス
5. 昨日はもどらない
6. フィシャマン
7. メイビー・トゥモロウ
8. サリ・ブルー
9. アンジェリーク
10. 愛のとりこに
11. ノッキング・ダウン・アワ・ホーム
12. アイヴ・ビーン・ウェイティング

(ボーナス・トラック)
13. ノー・エスケイピング・ユア・ラヴ
14. ミセス・ジョーンズ
15. アンド・ハー・ダディーズ・ア・ミリオネイア
16. ルッキング・フォー・マイ・ベイビー

このCDが再発されたとき、日本より、英米のコレクターが飛びつきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕自身、ビートルズファンだったので、気になっていたグループ。

「バングラデシュコンサート」で、「ヒア・カムズ・ザ・サン」をジョージの横でギターを弾くピートしか知らなかった。

というか、CDが出るまで、バッドフィンガーの音源は幻。

91年2月に「デイ・アフター・デイ・ライヴ’74」が出るまで音をあまり聞いたことがなかった。

同年7月にアップルより後のワーナー盤2作が、同ライブ盤の好評によりCD化。

92年にアップルからオリジナル盤4作品、ベスト1枚、アイビーズ名義の本作の計6作品をリリース。

ですから、僕が70年代の伝説のバッドフィンガーをやっと聴くことができ、好きになったのは、グランジ真っ最中のころでした。

(それまでにビートルズのアナログのブートで、「カム・アンド・ゲット・イット」がなぜか入っていて、それだけは聴いたことがありました。ビートルズのブートにポールの「カム・アンド・ゲット・イット」ではなく、彼らのが入っているということからも、バッドフィンガー自体80年代は音源がレアだったことが伺えます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特に紙ジャケット(日本限定)が出たときは、この帯つきのCDを海外のコレクターがホームページで自慢しているのを見かけました。

英米のファンにとっては、初めてとなる伝説のアイビーズの音源ですからね。

実は、アップルの一連の作品(メリー・ホプキン、ジャッキー・ロマックス、バッドフィンガーetc)の紙ジャケットの販売は日本だけです。

アップルのビートルズ以外の作品が紙ジャケで販売されたのは、奇跡といっても過言ではありませんでした。

まだ、アップルは裁判が続いているものがあるのか、これら一連の作品もあっというまに販売して、現在絶版状態。

僕はビートルズも大好きなのですが、どうしても、世界中が応援しているビートルズより、彼らを応援してしまいます。

コンポーザーとしても、メンバー全て(後に加入するジョーイ含めて)優れているし、なぜこれほどのグループがもっと注目されないのか判りません。

マライヤやの歌う「ウイズ・アウト・ユー」がニルソンではなく、彼らがオリジナルなのは知ってますよね・・・

ビートルズのファンには聴いて欲しいアイテム。

ビートルズがなぜ彼らを可愛がったのか判って欲しい・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アイビーズが躍進するには、次のステップ。

バンド名変更とメンバーチェンジ、ポール・マッカートニーからの楽曲の提供まで待たないといけない・・・・





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















top

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://cheerdown.blog7.fc2.com/tb.php/1106-03602ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
top
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ