FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~

プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~〔完全版〕【Blu-ray/日本語字幕付】プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~〔完全版〕【Blu-ray/日本語字幕付】
(2013/01/23)
ジョージ・マーティン、ポール・マッカートニー 他

商品詳細を見る


プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~〔完全版〕【DVD/日本語字幕付】プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~〔完全版〕【DVD/日本語字幕付】
(2013/01/23)
ジョージ・マーティン、ポール・マッカートニー 他

商品詳細を見る




昨年10月に一部の映画館で上映してて、ずっと観たかった映画。

- They were pretty awful -

直訳すると「それらはかなり恐ろしかった」ですが、意味は「彼らはだいぶひどかった」という、ジョージ・マーティンがビートルズをはじめて見た時の有名な感想です。

1950年に『EMIレコーズ』に入社、『パーロフォン』部門の長となったジョージは1962年にまったく無名の新人グループ、ビートルズと契約を交わす。

彼らは世界にセンセーションを巻き起こすが、本作では元メンバーのポール・マッカートニーとリンゴ・スターを迎え、その音楽的変遷について語っている。

「キャント・バイ・ミー・ラヴ」「トゥモロー・ネヴァー・ノウズ」「エリナー・リグビー」など、ビートルズ・ナンバーの作曲時のエピソードが語られるのに加え、彼らがアビー・ロード・スタジオで行ってきた数々の実験についても解き明かされていく。

ストリングスやテープ操作、人間の聴覚では聞こえない周波数の音などを駆使して、ポピュラー音楽を進化させていく過程なども。

ビートルズの音源やフッテージ、『レット・イット・ビー』セッションの映像などを交えながら、ビートルズの崩壊についても言及されており、当事者ならではのリアルな証言。

ジョージがビートルズと出会う以前、ピーター・セラーズやスパイク・ミリガンらのコメディ・レコードをプロデュースしたことで、旧来のポップ・ミュージックの先入観に囚われることがなかったことも、本編中で語られている。

ビートルズ解散後のプロデューサーとしてのキャリアについても掘り下げられており、ジェフ・ベック、ジョン・マクラフリン、デューイ・バネル(アメリカ)らがジョージとの作業についてインタビューに応じているのも興味深い。

ジョージがモントセラト島に建設したAIRスタジオの盛衰、シルク・ド・ソレイユがビートルズを題材にとったショー『LOVE』など、近年の活動についても語られている。

ジョージにインタビューするのは彼の息子であり、自らもプロデューサーとして活躍するジャイルズ・マーティン。

またコメディ・チーム、モンティ・パイソンのマイケル・ペリンとのトークにおいても、さまざまな事実が明るみに出る。

『EMI』入社当時、受付嬢だった愛妻ジュディとの対話、ジョージ流のマティーニの作り方など、その人柄をも垣間見させるドキュメンタリー。

この1時間半には、60年の重みがある。

さらに今回、初登場となるボーナス特典映像は、本編に収録されなかった貴重なエピソード満載のインタビュー集。

約50分にわたりジョージ本人、そして関係者やアーティストが語る証言の数々は、単なるボーナスの域をはるかに超えた、もうひとつの『プロデューサー ジョージ・マーティン』といえるもの。

『パーロフォン・レコーズ』での若き日の活躍、ビートルズのオーディションなどについて、ジョージ自らが深く語っているのに加え、ビートルズの作曲スタイルについて、「イエスタデイ」「フォー・ノー・ワン」などを例に挙げながら解析。

ビートルズ研究に新たな1ページを記すインタビューは、コアなファンですら思わず唸らされる。

さらにジョージが手がけてきた、さまざまなアーティストの逸話も、本人の口から初めて語られる。

モンティ・パイソンのマイケル・ペイリンと語る「コメディ・レコード」談義、ジミー・ウェッブ「ゲッティング・スモーラー」レコーディング時の決死のスタント飛行の思い出など、本編をしのぐと言って過言でない秘話に次ぐ秘話の連続。

リック・ルービン、Tボーン・バーネット、ケン・スコットら第一線プロデューサー達がジョージの手法を検証し、いかに影響を受けてきたかを語る談話も、彼の存在の大きさをクローズアップさせる。

音楽視点から描いた20世紀の歴史ドキュメントである『プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~完全版』。

ポピュラー音楽を愛する者すべての生きてきた証が、この映像作品にある。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロデューサー ジョージ・マーティン~ビートルズを完成させた男~

余談だが、封切時の映画のポスターはこれでした。

ブルーレイが出てパッケージをよく見ると、右上のジョージ(ハリスン)だけが差し替えられてます・・・なんで?


特典のクリアファイル

劇場公開時に限定でプレゼントされていたクリアファイルがDVD購入特典で貰いました。



テーマ:洋画 - ジャンル:映画
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ