FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

PRISM 「INVITE」 Tour in Kurashiki

PRISM 「INVITE」 Tour

先日予告していた通り、行ってきました、PRISM 「INVITE」 Tour。

今回のツアーは新作「INVITE」の発売に合わせたもの。

和田アキラ
(MCでネタにもなっていた1957年製のゴールドトップのスタンダード)

岡田治郎

非常に良かったです。

ギター、ベースってああやって弾くんですね・・

ドラムも非常にパワフルでビンビン響きました。

おしゃれなフュージョンではなく、やはりロックです。

もはや、ジャンルを超越したプリズムサウンド。

プリズムの音は、いつの時代でも、ミュージシャンの教典と言ってもいい。

・・・・・・・・・・・・・・・

今回のアルバム「INVITE」の中の曲で「LIFE」という曲でアグレッシブにギターをかき鳴らす和田アキラ氏が印象的だった。

といっても、懐かしい曲や、新曲、どの曲も良かったのだけど・・

二部構成のステージ。

アンコールの「On Your Side 」まであっという間の二時間でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライブの後、

「ブログに掲載したいので、お写真いいですか?」

と恐る恐る聴くと、

「一緒に撮ろうよ!」

と、木村万作氏。

木村氏に肩を抱かれ、Vサイン。

PRISMメンバーの方と・・
(左から、岡田治郎氏、和田アキラ氏、木村万作氏、僕です)

和田アキラ氏の「レイラ」のTシャツがお茶目です。

みなさん気さくな方で、快くファンの人と会話をされていました。

INVITE

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オフィシャルサイト

・・・・・・・・・・・・・・

INVITEINVITE
(2009/10/21)
PRISM

商品詳細を見る



「商品詳細を見る」で試聴出来ます。



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ