FC2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

ザ・ビートルズ / リマスターBOX セット(ステレオ・モノ)

2009年09月09日に発売されたビートルズのリマスター盤。

限定としてMONO BOX も発売。

ぼちぼち、ボックスセットを手に入れたブロガーの人たちも感想を書き始めている。

が、「MONO BOX 」の存在がなぜなのか判っていない人も多く、モノをステレオにしただけと思っている人もいたりする。

「プリーズ・プリーズ・ミー」~「フォー・セール」が「初ステレオ」になったのを、今までのモノラル盤をステレオに直しただけと思って貶している人もいた。

あまりビートルズのことを知らない人は、なぜ、わざわざモノラルのボックスが発売されているのか判らない人もいるだろう・・・・

また、今までの「フォー・セール」までのCDを聴いて「印象が変わってる」といっている人もいた。

が、音質の聴き比べをするのであれば、
「プリーズ・プリーズ・ミー」~「フォー・セール」を聞き比べるなら87年のリマスターと今回のモノ・ボックスの同作品、、
「ヘルプ」~「レット・イットビー」を聞き比べるなら、87年リマスターと今回のステレオリマスターの同作品を聞き比べて論じるべき。

モノテイクはリマスターのモノテイク、ステレオはリマスターのステレオと聞き比べないとダメ。

なぜなら、後述するが、ステレオテイクとモノラルテイクは同じ録音でない曲が存在する・・・からです。

元のテイクが違う曲があるのだから、印象が違って当然。

音質の向上を比べるには、相違点が多いということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、ビートルズのレコードが発売された頃、まだ「ステレオ」は「キワモノ」でした。

現在でいえば「SACD」「DVDオーディオ 」のように、ハイエンドユーザーしか利用しない規格がありますが、一般の人には「キワモノ」に見えるでしょう。

当時の「ステレオ」という規格がそうでした。

ビートルズも一応ステレオ盤は作りますが、スピーカー一つの電蓄(ポータブルプレーヤー)で再生して「良い音」で聞こえるようにミックスしていました。

特にシングル盤は、ラジオ放送自体モノラルだったのと、ジューク・ボックスもモノラルだったので、モノしか発売していませんでした。

ヒット狙いのシングルは、ラジオやジュークボックスで良く聞こえないといけませんから・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ステレオ盤を作る際には、ステレオで「良い音」に聞こえるように、ミックスを変えたりしました。

ステレオテイクの方が、タンバリンや音数が多く、モノはボーカルが際立つようシンプルというのが、大抵の場合です。

また、一度ボーカルを録音したのに、なんらかの事情で再度ボーカルを録音しなおしたり(「ヘルプ!」など)、その際、歌詞を間違ったり・・・・

また、マスターテープがプロデューサーの計り知らないところでミックスされて「ステレオ」として発売されていたり・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色々な理由から、曲の長さや、入っている楽器の違い、歌詞の違い、演奏ミスetcなど、全ての曲ではありませんが、ステレオとモノラルではテイク違いが存在します。

判りやすいので言えば、ステレオリマスター盤のアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の中の「プリーズ・プリーズ・ミー」はジョンが三番目の歌詞を間違えて「カモン」で笑いをこらえて歌っている。

ステレオの「ウイズ・ザ・ビートルズ」の「マネー」はイントロのリムショットが無く、ギターが入っている。

ステレオの「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」(この言い回し、いまだに通じるか?)の「恋する二人」はイントロのハーモニカが・・・


2009年5月までの「フォー・セール」までのCDと聞き比べれば、ステレオとモノが違うというのが判ります。

昔、レコードで聞いていた世代には、ステレオバージョンが普通だったんですが・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

87年のCD化。

87年、ビートルズのCDが発売されますが、このときにリマスターしたジョージ・マーティンが、

「ビートルズは初期にはモノラルに力を入れていたので(『フォー・セール』までは)モノラルにした」

と言ったがために、

「ビートルズはモノラルがいいんだ・・・」

というような「定説」が出来てしまいました。

ま、ミステイクが少ない分、本当なのかもしれませんが・・

実は、76年に「ロックン・ロール・ミュージック」という編集アルバムが出ます。

ロックン・ロール・ミュージック


もとはアメリカのキャピトル(米)が企画した。

ジョージ・マーティンが、あまりのアメリカでの音源のリミックスの間違いに気付き、キャピトル盤のリミックスをやり直します。

キャピトル(米)はそのリミックス盤をリリースした。

ところがイギリス盤はビートルズの契約内容に最初に録音したものを使用することとなっていたため、
リミックスされていないアルバムをリリースすることとなった。

日本盤もイギリス盤に倣っています。

で、勝手に他社の仕事をしたということで、EMIと確執が生まれます。

マーティン自体は65年に独立していたらしいのですが・・・

問題の87年になり、その年の6月1日が「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の発売20周年。


で、それまでにはその前作までをCD化を完了して、6月1日には「サージェント・ペパー」の発売20周年の記念イベントとして「サージェント・ペパー」のCDを発売したいEMI。

ビートルズのエンジニアを務めたジェフ・エメリックにリミックス及びリマスターを命じます。

が、作業は捗らず、ギリギリになってEMI側が、かつての喧嘩相手のジョージ・マーティンに頭を下げて、マーティンが作業に入ります。

このとき、マーティンはモロモロの条件を付け承諾。

条件というのは、今後勝手にビートルズのオリジナル音源をいじらないとかです。

(「1」とか、「イエロー・サブマリン・ソング・トラックス」や「ネイキッド」でイジられますが、オリジナル作品以外のDVDの為とかNO.1を集めたとかという企画モノなので、契約違反にはなっていませんでした)

マーティンといえども人の子、時間が無いものはしかたない。

それならと「フォーセール」までをモノとしてCD化第一弾として発売。

そのときに発したセリフが「ビートルズは初期にはモノラルに力を入れていたのでモノラルにした」

というセリフ。

それが本当なら次の「ヘルプ」ぐらいまではモノラルじゃないとあかんと思うけど。

でも、「ヘルプ」のモノ盤は「ビートルズの謎」の一つでA面の音が悪い。

今回のMONOボックスでも変にいじらず、悪い音で逆に「噂」の「悪い音」が聴けてうれしい。

そんな事情もあり「ヘルプ」からは開き直ってステレオ。

「ラバー・ソウル」はステレオは完全にセパレーションしているのを直したりして・・

とりあえず、「サージェント・ペパー」の発売20周年の6月1日に、同タイトルのCD化は間に合ったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「プリーズ・プリーズ・ミー」~「フォー・セール」初CD発売日:1987年02月27日。

「ヘルブ」~「リボルバー」初CD発売日:1987年04月30日。

「サージェント・ペパー」初CD発売日:1987年06月1日。

「ザ・ビートルズ」、「イエロー・サブマリン」初CD発売日:1987年08月24日。

「マジカル・ミステリー・ツアー」初CD発売日:1987年09月22日

「アビイ・ロード」「レット・イット・ビー」、初CD発売日:1987年10月19日(「アビイ・ロード」は初ではなく、以前日本のEMIが勇み足でCD化したことがある)。

「パスト・マスターズ Vol.1」「Vol.2」発売日:1988年03月07日(これだけ、アナログ二枚組みが後から発売)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「フォー・セール」までがモノラルなのは「時間が無かった」というのが真相です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かくして2009年まで、アルバムは「フォーセール」までがモノラル。

それ以降「レット・イット・ビー」までがステレオ。

このリミックスに併せて補完音源として「パスト・マスターズ」でした。

(その他の編集盤は割愛)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボックスセットの目的。

ステレオボックス

基本的に「ヘルプ」以降の作品は87年のジョージ・マーティンのリミックス盤をリマスターしています。

これはビートルズの全ての楽曲を網羅しようとしたものなのでしょうが、納得いかないのは「パストマスターズ」の収録曲を再編しなかった点。

「ラブ・ミー・ドゥー」がシングルのモノではリンゴのドラムじゃないというのと、デビューシングルという記念盤だからそのまま入っているのはいいが、先に述べたような「プリーズ・プリーズ・ミー」などの「フォー・セール」までのテイク違いの音源が消えた。

「パストマスターズ」の選曲は87年版にあわせての選曲のまま。

よほどでなければ追加しなかったということなのか・・・

せめて(イギリスにおける)シングル盤やEPでモノラルの曲ぐらいは追加して欲しかった。

どうせ、今回のボックスセットでもかぶっているモノラルを入れているんだから・・

モノラルリマスターをずっと販売するなら許されるが・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モノボックス

これを買っても、アルバム「レット・イット・ビー」も「アビー・ロード」も入っていません。

ビートルズが発表したモノラルの音源を集めたものです。

上記二作品のころはステレオが主流になってきたので、モノ盤を作りませんでした。

また、シングルもステレオになってきていました。

ボックスの「フォーセール」までは87年のリマスターとテイクは同じですが、音は格段良くなってました。

「ヘルプ」以降については、モノラルのCD化が今回初めて。

後で書きますが、結構知らないバージョンがあってびっくり。

また、87年にジョージ・マーティンが納得していなかった「ヘルプ」と「ラバーソウル」のリミックスをやり直したので、ステレオ音源で発売当初のステレオテイクが入っています。

アナログ世代には懐かしい、あの右と左が完全に分かれているやつとかです。

・・・・・・・・・・・・・

今回の「モノボックス」で許せないこと・・・

「オリジナルLPを完璧に再現した紙ジャケット仕様」といっておきながら、「ホワイトアルバム」にシリアルナンバーが入っていないのと、

アルバム「イエロー・サブマリン」を入れていない点。

アルバム「イエロー・サブマリン」はモノラルでも発売されていたのですが、過去の既存の曲が多いため、レコードのA面にあたる、アルバム「イエロー・サブマリン」だけの曲、「オンリー・ア・ノーザン・ソング」「オール・トゥゲザー・ナウ」「ヘイ・ブルドッグ 」「イッツ・オール・トゥ・マッチ 」を「モノ・マスターズ」というCDに入れ、B面の映画のスコアはカット。

ゆるせん!!!

音源的には映画のスコアのモノラルも存在していたのですから、ファンとしては欲しかった。

たとえステレとテイクが一緒でも、せっかくの紙ジャケだし・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テイク違い。

「フォーセール」までは今回ステレオリマスターを購入した方で、87年リマスター盤を持っている人なら簡単に比較出来ます。

「プリーズ・ブリーズ・ミー」のジョンの笑い声や「マネー」のイントロなんか確認してください。

細かく言うとキリないので・・・



モノラルで貴重なのはアルバム「ヘルプ」以降です。

今回初CD化というのもありますが、日本ではLPで限定でしか販売してませんでした。

結構現在でも中古で高値です。

「フォーセール」までのモノラルは今年春まで販売してました。

・・・・・・・・・・・・・

「ヘルプ」
歌詞が違ったりします。後、タンバリン入っていない・・




「イエスタディ」
ドアか椅子の軋む音がモノでは聞こえない。

「タックスマン」
カウベルがモノは早く入る。




「アイム・オンリー・スリーピング」
モノは逆回転ギターが多く入っている。

「イエロー・サブマリン」
モノは冒頭からギターが入っている。ステレオは2拍目から。




「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」
モノはジョンのボーカルのフェイズが大きい。




「シーズ・リービング・ホーム」
モノはピッチが早い。

「ビーイング・フォー・・・・・」
SEが違う。




「ウイズ・イン・ユー・ウイズ・アウト・ユー」
モノは終わりの笑い声が大きく、長く入っている。

「ホエン・アイム・シックスティーフォー」
コーラスのアレンジが違う。




「オフ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」
モノはイントロのハンドクラップが無い。




「ヘルター・スケルター」
モノはエンディング前のドラムのフィルが違い、フェードアウトして終わり。ステレオはフェード・インしてリンゴのセリフが入るが、モノは無い。



全部は書ききれないぐらいテイク違いのオンパレード。

・・・・・・・・・・・・・・

「サージェント・ペパー」と「ホワイト・アルバム」が特に新鮮でした。

「サージェント・ペパー」はテープ・エンジニアのリチャード・ラッシュが、

「モノの「サージェント・ペパー」こそ本物」という発言があったので気にはなっていたのですが、あれほど印象が違うとは・・・

実は、今までビートルズは「リボルバー」が最高で、「サージェント・ペパー」は贅肉が付きすぎと友人に言っていました。

が、モノの「サージェント・ペパー」・・・「あり」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長々と書きましたが、これでステレオボックスとモノラルボックスが存在するのか判って頂けたと思います。

87年以降にファンになった若い世代の人にはよく判らない話かもしれませんが・・・

気に入らない点を書いてますが、絶対買って損は無いボックスセットです。

コアなファン以外はモノラル盤を間違って買わないように・・・

時々、モノラルボックス買ったら「レット・イット・ビー」が入っていなくて失敗という記事を見ます。

「どちらが?」ではなく「どちらも」という話。


ザ・ビートルズ・ボックスザ・ビートルズ・ボックス
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る




ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】ザ・ビートルズ・モノ・ボックス(BOX SET)【初回生産限定盤】
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る




counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ