『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

ジョージ・ハリスン6回忌

ジョージ・ハリスンの6回忌である。

僕がとやかく言わなくてもいいのだが、「CHEER DOWN」という屋号(私の仕事場)はジョージの曲から拝借しているので、どうしてもこの日になるとジョージのことを考える。

今の仕事は2004年からなんだけど、

ジョージの訃報を聞いた2001年の今日。

「絶対、自分で仕事を始める時は、ジョージの曲から屋号を貰おう。絶対、自分の店を持つ」

と決心した日でもあった。

毎年お店の周年記念とは別に、この頃の決心を思い出す日でもある。

CHEER DOWN



This is Love


George Harrison Last Film


DR-55

先日、マルチヘッドくんと話していて、昔の(YMO以前の)ジャパニーズ・テクノの話題ににる。

マルチヘッドくんの音楽が「たま」っぽいので、

「ひょっとしてヒカシューあたり好き?」って聞いた。

(「たま」は「ヒカシュー」の影響を受けている)

彼も好きらしい・・・・

マルチヘッドくんが、新曲を録音するというので、

「こんなのあるよ」と、転がっていたリズムマシンを出す。

2007.11.12.jpg


これはBOSS(ローランド)のDR-55というリズムポックス。

高校時代に入手したものである。

自分でプリセットできるタイプのリズムマシンで、音色はバスドラ、スネア、リムショットがプリセットできる。

ハイハットはプリセットが出来ず、8ビートか12かオフ。

そのいずれの音も21世紀となってはヘロヘロ。

今の機械って、デジタルの技術で本物の音をサンプリングしているので、出ている音も本物の音なんだけど、これは昔のシンセサイザーのノリで、あくまでドラムっポイ音。

で、今回電源が入らなかったのを、先日半田鏝を購入したのを思い出し、取りあえず分解してみる。

意外とシンプルな構造。

故障箇所と思われる部分を直し、電池を入れる。

ギターアンプに繋いでプレイボタンを押してみると、

「ツータカ、ツータカ・・・・・・・」

と音がしだした。

ウーム、俺って天才?

これがエレクトロニクスだと無理なんだけど、エレクトリックだからなんとかなった。

当時最新のマシンも今にして思えば、なんともアナログチック。

これの使い方も、今となっては笑える操作方法なんだよね。

今の機械だとソング機能というのがついているので、ドラムバターンを楽譜どうりプログラムしてブレイを押せば丸々再生してくれる。

おまけにそのプログラムを保存したりも出来るし、パソコンあたりと連動したりも出来る。

このDR-55、そんなことまったく出来ない。

パソコンどころか、マイコンがまだ一般的でない時代の代物。

先程、自分でプリセットできるって言ったけど、1小節づつなんよ。

右の方にあるダイヤル。

ここに1~8までダイヤルがあるわけ。

普通のエイトビートの曲だと、1~6までを使用するのです。

たとえば、

「ツータカ・ツータカ」ってパターンを1に入れる。

「タン・タン・タタタン」てパターンを2に入れる。

で、

「ツータカ・ツータカ・ツータカ・ツータカ・タンタン・タタタン・ツータカツータカ」

というのを演奏したいと思ったら、ダイヤル1で「ツータカ・ツータカ」ってのが2回なったところで、慌ててダイヤル2に回し、「タン・タン・タタタン」というのを1回聞いたら、また慌ててダイヤル1に戻すわけ。

今の時代にこんなことしてたら絶対笑われる。

高校時代にビートルズなんかを宅録してたときは、この番号の飛び具合を考えてプリセットしてた。

でも途中まで良い具合で録音してたのに、本来ダイヤルが3のところを、回しすぎて4の位置で違うバターンの音が鳴ったりしたら泣いたものです。

で、最初からやり直し・・・・・・

それをカセットに録音して、再生しながらギターを弾いて、別のカセットに録音。

でも当時は自分はスゴイ最先端なことをしている気分に浸っていたんよね。

たしか、プロもこのスネアの音をサンプリングして使ってたりする。

ネットオークションなんかで見かけると「!!!??」な金額で取引されている。

これって、今となってはヘロヘロな造形のブル○ークのソフビ人形が高額取引なのと同じことなんだろか?

とりあえず直ったので録音に使ってみよう・・・

はじめまして・・・

免許の更新で岡山市へ・・・

帰りに「ぱすぽぅと」さんへ。

奥さんに「しまった」という顔をされる。

今年2月に生まれたお嬢さんのハルちゃん。

ことあるごとに「会わせて」と言っていた。

「なんでそんなに会いたいの?」

と聞かれ、

「ファーストキスを奪おうかと思って・・」

と、言ってから僕に娘さんを近づけないようにしていたのだが・・・

本日はじめてハルちゃんに会った。

抱っこさせてもらうが、とてもおとなしく、僕の顔を見上げて笑ってくれた。

2007.11.04.jpg



最近のハマリ歌

「メロンパンのうた」というのが巷で流行っている。

少し前に「おしりかじり虫」が流行ったが、これは僕の好みでなかったので取り上げなかった。

「おしりかじり虫」は、あまりにも流行ってやろうという感じがあった。

全体にあざとい大人の空気が感じた。

そうで無いのかもしれないが、ま、僕の好みでは無く取り上げることは無かった。

件の「メロンパンのうた」を最初に聞いたのはYouTubeである。

「なんじゃこりゃ?」と思っていたら、日に日にアクセスが増えていった。

このYouTubeのサイトの動画はファンが勝手につくったプロモーションビデオらしい。

が、この「メロンパンのうた」を聞きたさにアクセスが伸びる伸びる・・・

歌っているのは「ゆっぴという小学4年生の女の子。

ここまでストレートな不条理を歌った歌とは・・・

大人が、足らない頭をこねくり回した、嘘くさい奇麗事の歌なんかよりはよっぽどいい。

CD買おうかな・・・・・

12月には「リサイクルのうた」というのも発売されるみたいだ。





counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ