『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

サタニック・マジェスティーズ

17202954_1587457097931918_8323455575793386997_n.jpg

キース言うところの「クソの塊」。

僕も買ったもののずっと聴いてませんでした・・・

ジャケットはビートルズの「サージェント・ペパー・・」を受けてのものとはスグわかるし、聴けばストーンズらしいブルージーさは無く、当時のサイケデリックの波に乗ろうというだけの作品に思える。

が、一応はデジタル音源も持っていて、仕事場で久しぶりに聴いた・・・

久しぶりに聴くと、毛嫌いしていたほどではない・・・

で、アナログ盤を自宅から持ってきて聴きました。

なかなか素敵なアルバムなんじゃない?

歳を取って感性も変わったということでしょう。


テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト! / ザ・ローリング・ストーンズ

ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(DVD付)ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(DVD付)
(2009/12/16)
ザ・ローリング・ストーンズアイク&ティナ・ターナー

商品詳細を見る


以前にも紹介した、ストーンズの「カッチョイー!」アルバム。

「GET YER YA-YA'S OUT !」の「40周年記念デラックス・エディション」が発売。



「ミッドナイトランブラー」のアルバムバージョンはアルバムリリースに合わせて動画削除されてます。

一番の聴き所の曲でもあります。

購入して大音量で聴いてください。

・・・・・・・・・・・・・・

ディスク:1は今までと同じ。

ディスク:2
1. 放蕩むすこ (未発表曲)
2. ユー・ガッタ・ムーヴ (未発表曲)
3. アンダー・マイ・サム (未発表曲)
4. アイム・フリー (未発表曲)
5. サティスファクション (未発表曲)

ディスク:3
1. エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース (B.B.キング)
2. ハウ・ブルー・キャン・ユー・ゲット (B.B.キング)
3. ザッツ・ロング・リトル・ママ (B.B.キング)
4. ホワイ・アイ・シング・ザ・ブルース (B.B.キング)
5. プリーズ・アクセプト・マイ・ラヴ (B.B.キング)
6. ギミー・サム・ラヴィン (アイク&ティナ・ターナー)
7. スウィート・ソウル・ミュージック (アイク&ティナ・ターナー)
8. サン・オブ・ア・プリーチャー・マン (アイク&ティナ・ターナー)
9. プラウド・メアリー (アイク&ティナ・ターナー)
10. 恋をしすぎた (アイク&ティナ・ターナー)
11. カム・トゥゲザー (アイク&ティナ・ターナー)
12. ダンス天国 (アイク&ティナ・ターナー)

ディスク:4 (DVD)
1. イントロダクション
2. 放蕩むすこ
3. ユー・ガッタ・ムーヴ
4. 写真撮影
5. スタジオでのキース
6. アンダー・マイ・サム
7. サティスファクション
8. クレジット

当初、グリン・ジョンズプロデュースのこのアルバムは、ツアーに同行したB.B.キング、アイク&ティナ・ターナーと併せて2枚組でリリースする案もあった。

ディスク:1とディスク:3がそれに該当するのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前の記事で、「ロック名盤100選にこのアルバムが選ばれるかは判らないが、ロックのライブ名盤100選には絶対選ばれる重要なアルバムである。」

と僕が言ったけど、今回改めて思うのは、

アナログ時代、この二枚組で発売だったら「ロック名盤100選」にも必ず選ばれる名盤だったろうということ。


後のストーンズはどんどんエンターテイメント性を求めていきますが、いちばんソリッドだった『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』発売後の一番重要なアイコンだった時期のライブ。

同時期のライブでいえば、「ギミー・シェルター」などもあるが、「ギミー・シェルター」の場合、ライブ中に死人が出たという話題性が先行するので、ストーンズのライブを楽しみたいならこちらだろう・・・

「ギミー・シェルター」のDVDもリマスタリングされたので購入はしました。

これはこれで、スリリングな演奏がかっこいいです。

ベガーズ・バンケットベガーズ・バンケット
(2007/01/24)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


レット・イット・ブリードレット・イット・ブリード
(2007/01/24)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]
(2009/12/16)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る



ブックレットもかなり豪華。写真も多いです。

ちゃんと和訳もついているし、読み応えは十分。紙ジャケの復刻版もついてます。

ライブのポスターカードもついてます。

ボーナストラックを別CDにしてくれているところもいい。

BB・キングとアイク&ティナ・ターナだけのために購入しても損はない。



くどいようだけど、

このライブ・アルバム聴かずにストーンズ語っている人には温度差をかんじるなぁ・・・・・




テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

GET YER YA-YA'S OUT !

中学生の頃、貪欲に洋楽を聴いた。

当然、レコードは高価なので、北にジョン・レノンのアルバムを持っている奴がいると聞けば、共通の友人を介して、そいつの家に押しかけ、南にピンクフロイドのLPを持っている奴がいると聞けば、同じように押しかけ、ステレオを取り囲んでアルバムを聴き、聴き終わるとあーだこーだとガキなりに評論家気取りで討論会をくりひろげた。

ローリング・ストーンズ体験も最初は自分で買ったLPではない。

ストーンズを持っている友人に聞かせてもらったのがこの「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」。

数人でいつものように儀式のようにステレオの周りに座り、針を落とす友人。

ストーンズの二代目のギタリストのミック・テイラー参加となるライブ・アルバムである。

「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」から始まるこのライブは、そのころ発売されていたストーンズの最新ライブアルバム「ラヴ・ユー・ライヴ(感激! 偉大なるライヴ)」より、僕には断然良かった。

5曲目の「ミッドナイト・ランブラー」(映画「絞殺魔」にもなった62年~64年に13人の女性を殺したと言われるザ・ボストン・ストラングラー(アルバート・デサルヴォ)をヒントに作った曲)で、僕の気分も最高潮に達したとき事件は起こった。

どこからともなく、

『かっちょいいーー!!』

という声がした。

いや、確かに僕も「かっちょいいーー」って叫びそうになったけどさ、それにしても誰が?

その場にいたみんなで顔を見渡し、

「今の、レコードからの声だよね?」

と、持ち主の友人に訊く。

「いや、これ兄貴のレコードであんまり詳しくしらない・・・」

レコードをとりあえず最後まで聞き終わり、また例の部分を聴きなおす。

いつもより討論会が白熱したのは必至であった。

というような思い出たっぷりのレコードである。

(オイオイ『かっちょいいーー!!』の真相はスルーかよ!!!)

実は未だに謎である。

まだインターネットの普及していなかった時代、1970年発表のレコードを、僕らが聞いたのは77年頃。

友人の兄貴(レコードの持ち主)もリアルタイムで購入でないので判らないと・・・

80年中頃から(僕の耳に届いた時点)、誰が言い始めたのか、「村八分(バンド)」のボーカルの「チャー坊」が「かっちょいいーーっ!!」の犯人だと噂が広まる。

しばらく信じたのだが、91年にチャー坊本人が否定している。

未だデマが飛び交っている状態。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

が、レコードの良し悪しとは関係ない話。

良いものはイイ!!

僕も小遣い貯めて買いました。

かっちょいいーーーっ!



ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!
(2007/01/24)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


1.ジャンピン・ジャック・フラッシュ
2.かわいいキャロル
3.ストレイ・キャット・ブルース
4.むなしき愛
5.ミッドナイト・ランブラー
6.悪魔を憐れむ歌
7.リヴ・ウィズ・ミー
8.リトル・クイニー
9.ホンキー・トンク・ウィメン
10.ストリート・ファイティング・マン

プロデューサーはグリン・ジョンズ。

ビートルズの幻のアルバム「ゲット・バック」のプロデューサーである。

これを聴いて、ビートルズが「LET IT BE」をどんな音にしたかったのか想像しても楽しい。

ツアーに同行したB.B.キング、アイク&ティナ・ターナーと併せて2枚組でリリースする案もあった。



5分41秒あたりを注意して聞いてください。「かっちょいーーっ!」って聞こえます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロック名盤100選にこのアルバムが選ばれるかは判らないが、

ロックのライブ名盤100選には絶対選ばれる重要なアルバムである。

上記の「かっちょいいーーっ!」の話は当然、日本だけの大騒ぎ。


『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』は好評だったし、未だに色あせないアルバム。

(『スルー・ザ・パスト・ダークリー』が、これら二作の間に発売されるが、ベスト盤なので・・・)

この『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』はロック名盤100選に必ず選ばれるであろう名盤。

その二作の後のライブ。

このライブ・アルバム聴かずにストーンズ語っている人には温度差をかんじるなぁ・・・・・


それにしても、なんでジャケットはチャーリー・ワッツ一人が写っているのだろう?

ジャケット撮影はデビッド・ヴェイリー。

上品とは言えないTシャツに、パッツンパッツンのズボン。

重いギターを二本も持って、笑顔でジャンプ・・・・&ロバさん。

ロックかっこいいジャケット100選には・・・選ばれないだろうな・・・・


↓愛の一押しを・・・

counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ