『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

ゴディバ / GODIVA

2016godiva01.jpg

楽天市場で購入



Amazonで購入

ゴディバ チョコレートリキュール 750ml 15度 箱なし [並行輸入品]

ゴディバ / GODIVA

いろいろチョコレートリキュールつかいましたが、やっぱり、ロックで飲んで、これぞチョコレートと思えるものを。

やはりゴディバがおいしい。

カクテルレシピもいろいろありますが、チョコレートは本来ドリンク。

ぜひロックで飲んでほしいお酒。



テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

ヒプノティック / HIPNOTIQ

2016hpnotiq01.jpg

Amazonで購入

ヒプノティック 750ml

楽天市場で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒプノティック 17度 750ml あす楽
価格:2436円(税込、送料別) (2016/10/6時点)




ヒプノティック / HIPNOTIQ

カクテルレシピなどは、
商品ページ


ヒプノティックとはフランス語で「催眠」を意味します。

魅惑的でミステリアスな趣のあるアクアブルーともターコイズブルーとも言える色合いと、甘味と酸味のとれた味わいが人気となっています。

2001年の発売以来、わずか3年でリキュールトップ 10にランクイン。

また、日経流通新聞によるランキング「 2004 年全米ヒット商品ベスト5」では、第5位にランキングされました。

その中身は、パイン、ブルーベリー、ブドウ、パッションフルーツなどの果物をブレンドしたトロピカル・フルーツジュース。

フランス産の穀物と湧水を使用し、銅製スチルで三回蒸留したプレミアム・ウォッカ。ヒプノティックの為だけにつくられたプレミアム・コニャック。

これらがバランスよくブレンドされた、フルーツ・カクテルのようなリキュールと言えます。


テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

サザンカンフォート

サザンカンフォートとチープスリル

ロックスターに願いを...」に「ジャニス・ジョプリン」の記事を書きながら、久しぶりにジャニスの愛飲した「サザンカンフォート」を呑む。

しばしばジャニスのステージの上にボトルが置いてあったことでも知られているお酒。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

サザンカンフォート

日本語に直訳すると「南部の喜び」。

当初は、バーボン・ウイスキーがベースとなっており、比較的高いアルコール度数で製造販売されていた。

並行輸入のものなら、未だに高い度数のものも楽しめる。

日本国内においては21度のものが現在販売されています。

サザンカンフォート・リザーブというブランド名でバーボン・ウイスキーベースのものも存在しているほか、アルコール度数50%のものも存在しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

お勧めの飲み方。

いろいろありますが、今回は「バック」で。

バックとは、レモン、ジンジャーエールで割ったもののことです。

ですから、ジンをこの方法で割れば「ジン・バック」と呼び、「サザンカンフォート」なら「サザンカンフォート・バック」といいます。

レモン八分の一を氷で満たしたコリンズ・グラスに絞込み、サザンカンフォートを30ml~45mlを注ぐ。

ジンジャーエールは適量。

軽くステアして完成。

お店などでも頼んでみてくださいね。

下のサントリーのサイトでもいろいろな飲み方の紹介があります。

・・・・・・・・・・・・・

ブランドサイト。

サントリーのサイト。



テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

ANGOSTURA AROMATIC BITTERS -アンゴスチュラビターズ-

ANGOSTURA AROMATIC BITTERS -アンゴスチュラビターズ-


ANGOSTURA AROMATIC BITTERS -アンゴスチュラビターズ-

カクテルのレシピの中に出てくる『アロマチックビターズ』。

『どういった物ですか?』との問い合わせがあったので、代表的なアロマチックビターズの『アンゴスチュラビターズ』についてすこしふれます。

十九世紀のはじめに、イギリスの軍医が南米ベネズエラのアンゴスチュラ町で、胃薬として作ったのがこのお酒です。

ラムをベースに、りんどうの根にある植物エキスを配合しています。

アルコール度は四十四度です。

上記の通り、本来は胃薬です。

効果は絶大の偉大なお酒なのです。

カクテルなどの風味付けに用いられるお酒なのですが、私は個人的にかなり使っています。

で、ウィスキーをロックで飲むのですが、一、二滴アンゴスチュラを落とします。

それだけで風味がかなり変わります。

さすがに高価なお酒の時にはしませんけどね。

味が良くなって、胃まで守ってくれる。是非お勧めの一品です。





ドランビュイ

ドランビュイ

DRAMBUIE-ドランビュイ-

今回は「満足すべき飲み物」と銘打たれたお酒です。

・・・・・・・・・・・・・・・

ドランビュイ(最近はドランブイと呼ぶのが一般的)とは、イギリスハンランド地方の方言で『満足の酒』という意味だそうです。

元はスコットランドのスチュアート王家の秘造のお酒でした。

1745年、スチュアート王家のチャールズ・エドワード王子が、王位継承をめぐって戦いを始めたのですが敗北してスコットランド西部へ逃れた。

ハイランド地方の士族達はエドワード王子に味方をし、反撃してロンドン近くまで進撃するのですが、政府軍の前に敗退します。

エドワード王子には多額の賞金が懸けられるのですが、士族達は誰一人裏切らなかったのです。

豪族のマッキンノンの世話でスコットランド北西のスカイ島まで無事に落ち延びることが出来ました。

王子はスカイ島からフランスの船で無事、フランスへ亡命するのです。

献身的なマッキンノンの忠誠をたたえ、スチュアート王家秘伝の『ドランビュイ』の秘法を送りました。

伝授されたマッキンノンが、この秘酒を市販するするのは一世紀半も後の1906年のことです。

どうです?良いお話だと思いませんか?簡単な内容ですが、それほど慕われた王子がどのような人物だったのか、私はすごく興味があります。

私はこの話をお客様に話すとき、いつも勝手に『義経と弁慶』を思い出してしまいます。

そういえば、ハンフリー・ボガートも好んで飲んだお酒なのですが、ボギーはお湯割で愛飲していたそうです。

程よい甘さを楽しみながら、スコットランドに思いをはせるのもいいでしょう・・・





counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ