fc2ブログ



『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

ズブロッカ

ZUBROWKA-ズブロッカ-

ZUBROWKA-ズブロッカ-

今回はウォッカです。

・・・・・・・・・・・・・

ポーランド東部ビアロウイツァの森に群生しているのがズブロッカ草です。

左の写真のように、ボトルの中に一本の草が入っています。

ズブロッカという草はカヤの一種で、ズブラという野牛が好んで食べます。

ラベルに描かれている牛ですね。

で、猛牛が好んで食べる草のエキスが配合されている酒なので、このお酒は強精にも効果があるといわれています。

ほんのり甘く、桜餅のような香りがします。

カクテルベースにするよりは、冷凍庫で冷やし、ロックかオン・ザ・ロックがよいと思います。

私の先輩達は、一本空ける度に中の草を取りだし次のボトルに入れる。で、最後に何本入っているかで空けた本数を数える。

という、無茶な飲み方をしていたそうです。

美味しくて精のつくお酒、『ズブロッカ』でした。





ボンベイ・サファイヤ

ボンベイ・サファイヤ

・・・・・・・・・・・・・・・

ここでジンについて少し・・・

ジンは元々オランダ生まれのお酒です。

オランダのライデンの町ライデン大学の医学部フランツ・デ・レ・ポエという医学者によって作られました。

博士はアルコール液にジュニパー・ベリー(杜松の実)を浸漬して解熱剤として薬局で販売したのです。

名称はジュニパー・ベリーのフランス語、ジュニエーヴェルにちなみ、ジュニエーヴェル・ワインとしました。

このジュニエーベルがイギリスに伝わった際、縮まって『ジン』となったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボンベイ・サファイヤ

今回のボンベイ・サファイヤは1761年から独自の製法を守っているジンです。

選りすぐられたスコットランドの穀物からスピリッツを蒸留し、その蒸気を、ジュニパー・ベリーをはじめ10種類の植物に時間をかけて通します。

上の写真参照。

ボトルの側面に使用する植物のイラストが描いてある。

片面5種類で、左右で計10種類)ラベルの中央の女性は、19世紀のイングランド王国のビクトリア女王。イギリス最盛期の女王です。

ボンベイ・サファイヤ ラベル

このジンはロンドン・ジンの中でも特別です。

まず、ジンといえばジニパー・ベリーの香りがしますが、10種もの植物のため複雑な香りです。

その10種の中にはレモン・ピール(レモンの皮)も含まれています。

ですので、よくジンなどにライムなどを入れて飲みますが、出来れば冷凍庫でよく冷やし、凍らせたグラスで、コールド・ジンにてその複雑な味わいを楽しんで欲しい一品です。

ただ、アルコール度数が47度と普通のジンより高めなので、オン・ザ・ロックでもいいでしょう。

女性に高価な宝石を贈る前に、このサファイヤなんかどうでしょう。


オフィシャルサイト





Mount Gay Refined Eclipse Barbados Rum

昨晩の話。

HAMMERが久しぶりに彼女と、3周年の祝いをもってやってきてくれる。

彼が持ってきてくれたのはラム。

あ、山ちゃんからもラムいただきました・・・ありがとう。

で、HAMMERの持ってきたラム、よく知らないラムだった。

「マウント・ゲイ??」

HAMMER曰く「ゲイ」ってところに惹かれたとのこと・・・

西インド諸島というところまで判ったのだが、後が不明。
img17948604.jpg


で、調べたわけよ・・・

設立 1663年
原料 糖蜜
発酵 糖蜜に加水し、加熱殺菌してから培養酵母を加える。オーク材で造られた醗酵槽にて72時間醗酵、6~7%の醗酵液を造る。
蒸溜 単式蒸溜器と連続式蒸溜器の併用 。
コフィー・スティルにて96%前後のスピリッツ( Light )とポット・スティルにて二度蒸溜し、86%前後のスピリッツ( Heavy )を造る。
熟成 St.Micheal Facility に運び、2種類のスピリッツをそれぞれアルコール68%になるよう加水、輸入したバーボン樽を組みなおしたリ・チャー樽にて熟成させる。
熟成後、これらより以前に蒸溜されたラムとブレンドし、マイナス10度以下でフィルター処理・ボトリングする。

というようなことが書かれてる。

簡単に言うと、西インド諸島のバルバドス島産のラムで、世界で最も古くから造られていると言われている逸品とのこと。

つまり、オイラが知らなかったというのはとてもだということ。

これを機会にラムにも強くならんとな・・・・
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ