『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

シド・バレットの命日に

19875549_1746817348662558_4575666225072793961_n.jpg

19732252_1746817398662553_5258452862814805498_n.jpg

7月7日はクレイジー・ダイアモンドこと、シド・バレットの命日だったのですが、お客さんのノリが違いすぎて、掛けれなかったシドのレコード。

昨日聴きました。

二枚目の写真の通り、「呪い」が掛けられたレコード。

マーク・ボラン、デヴィッド・ボウイらに多大な影響を与えた人。

レコーディングの時点であっちの世界にいってた、恐ろしくもダイアモンドのように美しいアルバム。





テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

幻夢 オールタイム・ベスト・アルバム / シド・バレット&ピンク・フロイド

幻夢 オールタイム・ベスト・アルバム

幻夢 オールタイム・ベスト・アルバム - An Introduction to Syd Barrett - / シド・バレット&ピンク・フロイド

1.アーノルド・レーン (MONO)
2.シー・エミリー・プレイ (MONO)
3.アップルズ・アンド・オレンジズ(Stereo Version)
4.マチルダ・マザー(2010 Mix)
5.第24章
6.バイク
7.カメに捧ぐ詩
8.ラヴ・ユー
9.暗黒の世界
10.ヒア・アイ・ゴー(2010 Remix)
11.タコに捧ぐ詩(2010 Mix)
12.寂しい女(2010 Mix)
13.イフ・イッツ・イン・ユー
14.ベイビー・レモネード
15.ドミノ(2010 Mix)
16.ジゴロおばさん
17.興奮した象
18.ボブ・ディラン・ブルース

試聴する







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりにシド・バレットの記事。

以前の記事。

昨年買ったCDでダントツの一位(僕の中で)だったアルバム。

デヴィッド・ギルモア・プロデュースの本作は、シド・バレットのピンク・フロイド時代の貴重なシングル盤も含み、昨年11月17日に登場した。

ピンク・フロイド期とソロ作の両方にまたがって選曲された、初となるオールタイム・ベスト・アルバムだ。

熱烈なファンからの要望で、様々な音源がレコード化されてきたが、いずれも納得のいく形の作品ではなかった。

プロデュースを手掛けたのは、旧友デヴィッド・ギルモア。

シドがバンド脱退後に加入したデヴィッド・ギルモア。

だが二人は学生時代からの友人であった。

デヴィッド・ギルモアがベースをプレイしたというトラックを追加した「ヒア・アイ・ゴー」(2010 REMIXヴァージョン)や、2010 MIXヴァージョンン4曲を含む、全18曲のシド・バレットの軌跡が収められている。

全てはデヴィッド・ギルモアが所有するアストリア・スタジオにて、全編2010年最新デジタル・リマスタリングが施されての登場。

アートワークは、シドの『帽子が笑う…不気味に』や、一連のピンク・フロイドのジャケット・デザインを手掛けてきたストーム・トーガソンという完璧な布陣。

CD時代になり、ジャケットに魅力を感じなかった僕だが、このジュケットが一発で「シド・バレット」と言わせるアートに身震いした。

ショップで思わず「パーフェクト・・」と唸ってしまった。

あざといベストの多い中、ジョージ・ハリスンの「オール・タイム・ベスト」も愛情の感じる出来に「ほっこり」させられたが、本作の「憎悪」にも等しい「愛情」の深さもなかなか。

後にビートルズの「赤盤青盤」並みの「名作ベスト」となりえる出来栄え。

(ただ、認知度が少ないのでどれほど定番化されるかは判らない)

また特典として、未発表トラック「ラマダン」がウェブサイトでダウンロード可能となっているのも見逃せないところ。

まさしくファン垂涎のアルバム、必携アイテムです。

僕は「アーノルド・レーン」「シー・エミリー・プレイ」のモノ・バーシジョン聴きたさに購入でしたが、全体を聞いて「あたり」のCDでした。

AKB48のCDを買いかけてたのを止めて正解(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロジャー・ウォーターズがピンクフロイドのリーダーをシドから引継ぎ、バンドがビッグになるにつれ、ロジャーの足搔きにもにたエゴは強くなる。

それは「天才になれない秀才の劣等感」から来るものであるとおもう。

ファンなら判るはず。

ピンクフロイドの名作とよばれる作品がシドへの劣等感にも似たオマージュであることを。

シドの求心力は死後もギルモアの熱い友情からも判る。

あれだけの短い活動期間でリスペクトを公言しているミュージシャンの多いこと。

しかも、ビッグなバンドになる前なのに・・

ピンク・フロイドなどの大物バンドを敵視していたパンク系のアーチストにもシドを信奉する者は多い。

ロジャーをリスペクトは・・・・ま、いいか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファンに怒られ覚悟でいうなら、ピンクフロイドはシド・バレットの亡霊のような遺産だけでビッグなバンドとなったといえる。

ゴタクの多い哲学が一瞬のきらめきの美学に敗北したのである。

ロジャーはこれから自分の過去の栄光が自分の手で勝ち得たものでないことに苦しむだろう。

ギルモアのように認めてしまうか、逆にその劣等感をぶつけた新境地で新作を発表してほしいものである。

シドさえ居なければ、充分秀才だったのだし。

過去のロジャーのソロはゲストミュージシュンの話題性だけだったしね・・・

といって、ロジャーをけなしているわけではない。

これは、他のメンバーにもいえることだし、ロジャーが抜けてもピンクフロイドが成立していたのは、他のメンバーにもシドの亡霊というか、影がまとわりついていたから。

ここでもし、シドと関係ないベーシストを迎え入れていたら失速したと思う。

ロジャーは、自分が抜けて失速すると思ったバンドが成立していて、改めてそのあたりのことは痛感したはずである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、オールタイム・ペストの発売に合わせて、オリジナルアルバムも再発されました。


帽子が笑う。。。不気味に帽子が笑う。。。不気味に
(2010/11/17)
シド・バレット

商品詳細を見る


その名はバレットその名はバレット
(2010/11/17)
シド・バレット

商品詳細を見る


オペルオペル
(2010/11/17)
シド・バレット

商品詳細を見る


関連作品。

ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー [DVD]ピンク・フロイド アンド シド・バレット ストーリー [DVD]
(2004/07/23)
ピンク・フロイド.シド・バレット

商品詳細を見る






テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

帽子が笑う・・・不気味に / シド・バレット

以前の「本当にあった、呪いの・・・レコード?」の記事に書いた、シド・バレットの「帽子が笑う・・・不気味に」を、よせばいいのにまた聴きました。

帽子が笑う・・不気味に

以前も書いたけど、このレコードには「呪い」がかけられています・・・

恐怖のライナー

聴くと数々の不幸が起こるレコード。

・・・・・・・・・・・・・

ピンク・フロイドを敵視するパンクバンドは多い。

が、彼らのなかでもシドを崇拝する者も多い。

デヴィッド・ボウイはシド時代のピンク・フロイドの楽曲「シー・エミリー・プレイ」をカヴァーするなど、シドから強く影響を受けたことを公言している。





シド死去の際には「どれだけ悲しいか言葉にできない。シドからは物凄く影響を受けた。60年代に観た彼のギグは絶対に忘れないだろう」というコメントを発表した。

同じくグラム・ロックの代表格であるマーク・ボランもシドの大ファンであり、シドに憧れてカーリーヘアにしたと言われている。

・・・・・・・・・・・・・

「帽子が笑う・・・不気味に」- The Madcap Laughs -

1.カメに捧ぐ詩 - "Terrapin" - 5:05
2.むなしい努力 - "No Good Trying" - 3:26
3.ラヴ・ユー - "Love You" - 2:30
4.見知らぬところ - "No Man's Land" - 3:03
5.暗黒の世界 - "Dark Globe" - 2:02
6.ヒア・アイ・ゴー - "Here I Go" - 3:12
7.タコに捧ぐ詩 - "Octopus" - 3:48
8.金色の髪 (ジェイムス・ジョイス作の一篇より) - "Golden Hair" (Syd Barrett, James Joyce) - 2:00
9.過ぎた恋 - "Long Gone" - 2:50
10.寂しい女 - "She Took a Long Cold Look" - 1:56
11.フィール - "Feel" - 2:17
12.イフ・イッツ・イン・ユー - "If It's In You" - 2:27
13.夜もふけて - "Late Night" - 3:11

(CDはボーナストラックがあります)

帽子が笑う不気味に帽子が笑う不気味に
(2006/09/29)
シド・バレット

商品詳細を見る


シド・バレット/帽子が笑う不気味に(CD)

シド・バレット/帽子が笑う不気味に(CD)

<ヤフーショッピングで見る>



・・・・・・・・・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・

また聴いてしまった・・・・・

今度は何が起きるのか・・・




テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

本当にあった、呪いの・・・レコード?

ダサダサのタイトルでごめん。

本当は「クレイジー・ダイアモンド」としたかった・・・

プログレロックファンなら「クレイジー・ダイアモンド」が何を指すか判ると思う・・・・


ここ数日、仕事の暇をみては大音量でレコードを聴いていた・・

ビートルズ、T-REX、etc?・・・

60年代から70年代のドラッグカルチャーまっさかりのレコードに針を落としていた。

当然、ピンクフロイドも聞く。

先程述べた「クレイジー・ダイアモンド」とはピンクフロイドの曲のこと。

ピンクフロイドの前リーダーシド・バレットのことを歌ったものである。

シド・バレットは精神を病んでピンクフロイドを脱退した。

が、遠い世界へ旅立ってからもメンバーとの友情は続く。

ソロアルバムも出している。

で、ファーストアルバムの「帽子が笑う・・・不気味に」を先日聞いた。

帽子が笑う・・不気味に


体調が優れなくなったのは、翌日からだった・・・

書けないが、不吉なことが次々と・・・・

「あのレコード聞いてからだな」

と思い、再度レコードを手にする。

このレコードを聴いたのは15年振りぐらい。

先日は見なかったライナーに目を通す。

小さな字でタイトルの下に書いてあった。

恐怖のライナー




「《歌・呪い・ギター》シド・バレット」

「えっ?呪い・・・・」

昔はなんともなかったのだが、シドは昨年(2006年7月7日)亡くなった。

彼の死と共に呪いの効果が強くなったのか?

でも、改めて聞くとかなり良い作品。

とても遠い世界へ旅立った人間が作ったとは思えない。

製作はかなり苦労をしたらしい(周りの人間が)。

興味ある人はCDが出ているのでどうぞ。

帽子が笑う不気味に帽子が笑う不気味に
(2006/09/29)
シド・バレット

商品詳細を見る

counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ