『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

ラッシュ/プライドと友情

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラッシュ/プライドと友情 [ クリス・ヘムズワース ]
価格:1749円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)






あらすじ

1970年代、毎年2人が事故で死亡するF1の世界で伝説となった2人のレーサーが存在した。

ジェームズ・ハントは野性的思考であり、毎日を人生最期の日の様に謳歌する豪放なプレイボーイで、勘を活かした走りを得意としていたイギリス人。ニキ・ラウダは「コンピュータ」と評される論理的思考であり、レーサーのイメージとはかけ離れた勤勉な男で、工学の知識を活かして自らマシンを整備する走りを得意としていたオーストリア人。

全く正反対の性格の2人はやがてライバル関係となり、度々レースで競い合う仲になる。

そして1976年― シーズン成績1位を独走するラウダとそれを追うハント。ドイツグランプリのその日は朝から豪雨でニュルブルクリンクサーキットの状態が悪かったため、レースを決行するべきかどうか審議が行われた。

ラウダは中止を主張したが、ハントは決行を支持し、最終的に予定通り開催されることとなった。

しかし、そのレースでラウダはクラッシュし、生死をさまよう重症を負ってしまう。

ハントは彼のクラッシュの原因が自分にあると考えショックを受けるが、その後のラウダが参加できないレースでラウダとの差を埋めていく。

一命は取り留めたラウダは、病院でその様子を見て奮起し、事故後わずか42日後にレースに復帰する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

76年、子供のころ噂で聞いていた伝説の全貌。

完動しました。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

オデッセイ / The Martian

2016TheMartian01.jpg

【 製作年 】 2015年
【 製作国 】 アメリカ合衆国
【 配給 】 20世紀フォックス

【 スタッフ 】
監督:リドリー・スコット
製作:
サイモン・キンバーグ
リドリー・スコット
マイケル・シェイファー
マーク・ハッファム
アディタヤ・スード


【 キャスト 】
マット・デイモン
ジェシカ・チャステイン
クリステン・ウィグ
マイケル・ペーニャ
ショーン・ビーン
ケイト・マーラ
セバスチャン・スタン
アクセル・ヘニー
キウェテル・イジョフォー

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/">公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

あらすじ

宇宙飛行士のマーク・ワトニーは火星への有人探査計画であるアレス3に、クルーとして参加する。

火星での探査任務中、大砂嵐に襲われたマークらクルーは、全ミッションを放棄して火星からの退避を決めてロケットへ向かうが、その最中にマークを折れたアンテナが直撃する。

クルーたちはマークが死んだと判断して火星上の軌道へ戻り、さらに地球上の軌道へ帰還するためのヘルメス号に乗って出発してしまう。

ところが、マークは生存しており、火星に一人取り残されてしまったことを知り、残されたわずかな物資を使って生き延びようとする。

しかし、地球から救助隊がすぐに来る見込みはない。

マークは持ち前の植物学者としての知識を活かし、前ミッションから残留保存されていた資材を材料に水、空気、電気を確保すると、さらに火星の土とクルーの排泄物をもとに耕作用の土を用意し、ジャガイモの栽培に成功する。

次のミッションであるアレス4が到着するまでの4年間を生きのびようとするが、火星の厳しい環境がそれを阻む。


感想

限られた条件の中でのサヴァイプ。

わかりきった展開だし、結末も期待通り。

劇中流れるのは「船長の悪趣味な音楽コレクション」

世代的にツボにどハマりした、70'sディスコナンバー。

あと、デビッド・ボウイの「Starman」。

この映画を僕が作ったとしても使いたい曲だけど、製作時には予期しなかったポウイの死。

もう少し早く観にいってたら、映画に関係ないところで泣いたな。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

スター・ウォーズ フォースの覚醒 - STAR WARS: THE FORCE AWAKENS -

スター・ウォーズ フォースの覚醒


【 製作年 】 2015年
【 製作国 】 アメリカ合衆国
【 配給 】 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

【 スタッフ 】
監督:J・J・エイブラムス
製作:キャスリーン・ケネディ/J・J・エイブラムス/ブライアン・バーク
製作総指揮:トミー・ハーパー/ジェイソン・マクガトリン

【 キャスト 】
ハリソン・フォード
マーク・ハミル
キャリー・フィッシャー
アダム・ドライバー
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック

公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html

あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

第2デス・スターが破壊されたエンドアの戦いから約30年後。

最後のジェダイであったルーク・スカイウォーカーが姿を消して以降、銀河帝国の残党により「ファースト・オーダー」と呼ばれる組織が結成され、再び銀河に脅威をもたらしていた。

ルークの双子の妹、レイア・オーガナ将軍は独自の軍事組織「レジスタンス」を結成し、新共和国の支援の下、ファースト・オーダーに立ち向かうためにルークを探していた。



感想

良かったです。

今回のを一本だけの映画として観たら、当然謎だらけで、今後に繋がる伏線もたくさんあり、単体ではどうのこうの言えません。

単体だけ観て、ネットで酷評している人いますが、はたしてどうでしょうか?

ストーリーもまだ途中なので、最後まで観てから判断しないとね・・・・

ネタバレなるので、これ以上言わないですが、エピソードⅠ~Ⅵまで観て良かった人は観るべき作品。

全て出揃ってからDVDなどで観るという人もいるみたいですが、僕は銀幕で観るということに拘りたい。

今回は、自宅で観るのが困難な3Dで観賞しました・・・・

4DXも気になるのですがね。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

まちどおしい・・・・・

2015swcd01.jpg

初日は無理かもだけど、平日にゆっくり行きたい。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

007 スペクター - Spectre -

2015007Spectre01.jpg

【 製作年 】 2015年
【 製作国 】 イギリス
【 配給 】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【 スタッフ 】
監督:サム・メンデス
プロデューサー:バーバラ・ブロッコリ / マイケル・G・ウィルソン

【 キャスト 】
ダニエル・クレイグ
クリストフ・ヴァルツ
レア・セドゥ
ベン・ウィショー
ナオミ・ハリス
デビッド・バウティスタ
アンドリュー・スコット
モニカ・ベルッチ
レイフ・ファインズ


公式サイト:https://www.facebook.com/JamesBond007JP

あらすじ

メキシコシティで、ジェームズ・ボンドは建物の屋上から窓越しにスキアラという男に銃口を向け発砲、爆発による混乱の中でヘリコプターに搭乗したスキアラを追い詰め最終的に突き落とし、彼の手からある紋章が刻まれた指輪を盗み出す。

MI6本部に戻ったボンドは、Mにメキシコシティでの事態を叱責され、しばらくの間謹慎命令を下される。

その後、前作での"スカイフォール"での出来事で燃え残った残骸を持ってきたマネーペニーに、メキシコシティでの出来事が前作で落命したMからの遺言であることを明かす。

それからしばらくして、彼は自室で残骸の中から見つけ出された一部の燃えた写真を意味ありげに見ていた。

その後、ボンドはQ課からアストンマーチン・DB10を持ち出し、前任のMの遺言通りローマに向かい、そこでスキアラの未亡人であるルチアに近づく。

始めは夫を殺した張本人ということもあり不信を抱かれるも、彼女を誘惑したボンドは、命を助けることと引き換えにある組織の秘密会議が行われることを聞き、その場所に向かう。

ボンドを待ち受ける組織とは・・・・



感想

久しぶりに「ガンバレル・シークエンス」を観た。

(スクリーンの中を歩いて横切るジェームズ・ボンドが、こちらに向かって銃を撃つと、上方から血が流れ落ちる。ライフルの刻まれたガンバレル(銃身)の中から写した形の映像になっているため、こう呼ばれる。)

「カジノ・ロワイヤル」から前作までが、新しいボンドシリーズで、ここからがスタートなんだろうか?

スペクターが出てきたんだから、ここからが痛快なシリーズの予感。

過去作品へのオマージュもところどころ観られて、昔からのファンも嬉しい。

ダニエル・クレイグのシリーズになり、全体に華やかさより、硬派な感じで進んできたが、秘密兵器なども出てきた。

今後のシリーズに期待。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ