『CHEER DOWN』はジョージの曲名からです。エリック・クラプトンが音楽担当した映画『リーサルウェポン』シリーズ。そのシリーズの『リーサル・ウェポン2 炎の約束』のエンディング曲でもありました。91年のクラブトンとの来日コンサートでも元気に歌っていたのが今でも忘れられません。実は『CHEER DOWN』という英語は存在しません。ジョージの造語なんです。『がんばって!』と掛け声を掛ける時に『CHEER UP !』と言いますが、ジョージは『無理をしなくていいよ』という意味でこの言葉を作りました。

マスターの独り言

ここは小さなバー、CHEER DOWN。マスターの日記です。

このページ内の記事タイトルリスト

白い蝶のサンバ = 森山加代子 =

以前の記事で、小学校に上がる前に好きだったのが「ピンキーとキラーズ」のピンキーという話はしました。

その次に小学校に上がり好きだったのが「かよチャン」こと「森山加代子」さん。

一応、歌手でということなのだが・・・・・

僕が好きになる前から「じんじろげ」や「パイノパイノパイ(ドリフのカバーの方がなじみだろうな)」など、ユニークな曲が多かったまですが、70年になってレコード会社も変わり、作詞阿久悠、作曲井上かつおの「白い蝶のサンバ」で、華麗な「お姉さま」になって復活。
完全にノックアウトだった。

白い蝶のサンバ ジャケット
携帯用画像

ただ、この曲あたりがピークだったので、メディアの露出もこれ以降少なくなり、僕の恋は自然消滅。

その後「アグネス・チャン」のファンになるが、それでもこの曲のインパクトは強烈だった。

曲のサビから入るっていうのがカッチョイイ。

白い蝶のサンバ (1970)


それまでのイメージは下の感じ。

デビュー曲(ザ・ピーナッツと競作でした)
月影のナポリ(Tintarella Di Luna)(1960)


じんじろげ(1961)


パイのパイのパイ(1961)


「白い蝶のサンバ」は僕の昭和歌謡の中でも上位です。





counter


現在の閲覧者数:

プロフィール

マスター

  • Author:マスター
  • ここは小さなバー、CHEER DOWN。今日もマスターが独り言。

Twitter

cheerdown3ura < > Reload

Facebook

CHEER DOWNのFacebookページとマスターのFacebook。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

アクセスが増えると嬉しいので、よかったら上のバナーをクリックしてね。

時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

カテゴリー

リンク (PCブラウザ)
リンク
Guitar Chord Book

Amazon ショッピング

記事で気になるものがあればコチラから検索してください。

楽天ショッピング

サウンドハウス

音と光の国内最大総合デパート

QRコード

QR

このブログが携帯で見れます。

Music of George

ブロとも申請フォーム
FC2プロフ
Recommended music

Badfinger - Baby Blue

「Day After Day」に続くシングル。アルバム『STRAIGHT UPストレート・アップ』(1971年)から日本、アメリカでシ ングル・カット。

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

RSSフィード
ランキング

コレコレ↓

NTTコム リサーチ

NTTコム リサーチモニターに登録!

ゲームコーナーPlus

全部で21種類のゲームが出来ます。


おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ

おまけの「Space Invaders」より、本編の「Invaders」の方が好みかな・・

THE BEATLES
モラタメ.net

新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」

ブラックロボ